• MVNO・SIM格安おすすめガイド

simフリー携帯のMVNOランキング


1.スマホの料金がもっと安くなる格安SIM


直感的で操作しやすい画面や楽しいアプリが豊富に提供されていることから、スマートフォンは急速に普及しました。

しかし便利なスマホにも、利用料金の高さという欠点があります。

スマホ利用者の平均的な月額料金は6,500円前後と言われており、これは従来のガラケーを使っていた時の料金を大きく超えます。

この欠点を解消してくれるサービスとして話題になっているのが、MVNOと呼ばれるものです。

MVNOを使えば現在使っているスマホの利用料金を大幅に削減できることから、乗り換える人も増えています。

ここでは、MVNOがどういう仕組みで低料金を実現しているのか、さらに乗り換える前にチェックしたいポイントなどについて紹介します。




2.mvnoとは?


MVNOとは、日本語で「仮想移動体通信事業者」を表す略語です。

通常、スマホなどの携帯電話サービスを提供する場合には、自社で携帯電話 基地局などの通信インフラを設置する必要があります。

一方でMVNO事業者は、自社では通信インフラを持っていません。

代わりにすでに通信インフラを保有する通信事業者から回線網を借り、それを利用して自社サービスを展開しているのがMVNO事業者なのです。

単純に言うとMVNOサービスとは、大手携帯電話会社の回線を借りて提供しているモバイル回線サービスということになります。




3.格安simのメリットは?


MVNOに乗り換えるメリットとしては、携帯電話料金が一気に安くなることがあげられます。

MVNOでは回線網を割安で借りているため、利用者が直接携帯電話会社と契約するよりも安い料金を実現しているからです。

他にもMVNO事業者によって独自のサービスを展開しており、利用者に魅力的なものも多くなっています。

安さやサービスの良さを備えたMVNOは、スマホ利用者にとって検討する価値のあるサービスと言えます。




4.格安simのデメリットは?


このようにメリットが多い一方で、デメリットもあります。

まず、まだ普及し始めたばかりのサービスであるため、わかりにくい点が多いというものです。

特にMVNOは数も増えているため、どこと契約するのが自分に最適なのかわかりづらいかもしれません。

使い方に関してもスマホに関する知識がある程度必要となるため、全くの初心者の方には使いづらいという難点もあります。

さらに注意すべき点として、MVNOを利用する上で様々な制限が設けられていることもあげられます。

例えば料金プランにはそれぞれ月あたりの利用できる通信量が設定されており、利用者はその枠内でやりくりすることになります。

通信量を早めに使い切ってしまうとそれ以降は速度が遅くなるため、アプリのダウンロード時にストレスを感じることになるかもしれません。

料金の安いプランでは通信速度の点で満足できなかったり、使おうとした端末が対応していなかったなどのトラブルが生じることもあります。

とは言えこれらのデメリットは、それぞれ事前に調べておくことで防ぐことができます。

サービスの特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶことでお得なスマホライフが実現できるのは間違いありません。




5.格安スマホにはどうやって乗り換えるの?


MVNOではデータ通信用に料金の安いSIMカードを提供していることから、格安SIMという呼び名でも知られています。

そのためここからは、格安SIMという名称で説明していきます。


①スマホの使い方を見直す

格安SIMのサービスに魅力を感じ乗り換えてみたいと思ったのであれば、まずは自分がスマホをどのように使っているのか見直してみましょう。

それによってどんなサービスが必要なのかがわかれば、自分に合った格安SIMがどれなのかが見えてくるからです。

用意されているプランは月当たりの通信量で分けられているので、1か月にどれぐらい通信するのか調べておきます。

格安SIMでは料金を追加することで音声通話も可能になるので、電話として使う頻度についても調べておくとよいでしょう。

持っている端末をそのまま使い続けるかどうかについても検討する必要があります。

新たに端末ごと買い換えたいのであれば、スマホとSIMカードがセットになったプランを選ぶと便利です。


②格安simサービスを比較

◆料金◆


自分のスマホの使い方を見直して大まかなイメージがつかめたなら、格安SIMサービスの比較に移ります。

格安SIMの魅力の最たるものは料金の安さにあります。

どの事業者も最も安いプランは1,000円以下で提供しており、中には月額500円前後のところもあります。

大手携帯電話会社のプランが1か月6,000円前後かかることを考えると、乗り換えるだけで約5,000円も安くなる計算になります。

通信料金の節約を重視したいなら、これらのプランの中から安さだけに着目して選ぶのがおすすめです。


◆格安simのデータ通信量◆


しかしプランの安さだけに着目して選ぶと、困ることもあります。

格安SIMではプランによって基本のデータ通信量を定めているからです。

例えばある事業者のプランを見ると、月額900円で2GBとなっています。

これは1か月当たりのデータ通信量が2GBまでであれば、高速通信が可能であることを意味します。

2GBを超えると通信速度が遅くなるので、頻繁にネット接続を利用するのであればデータ通信量を重視して選ぶのがおすすめです。

特に動画を見る機会が多い方や、ゲームなどのアプリをダウンロードすることが多い方は、データ通信量の多いプランを選んだほうがよいでしょう。

ゲームアプリなどは、プレイ中にも通信が行われる他、バージョンアップ時にも大きいサイズのデータを読み込むので通信量が多くなるからです。

事前に調べておいた自分の1か月当たりのデータ通信量から、いくらか余裕を持ったプランを選んでおくと快適に使い続けることができます。


◆格安simの通話◆


電話として使う機会が多い方は、音声通話付きのプランを選んでおきましょう。

従来はsim 格安というとデータ通信にしか使えないものが多かったのですが、今は各社から通話ができるプランが提供されています。

110や119などの緊急通報にも使えるなど、携帯電話会社で契約するのと変わらない利便性を備えています。

「音声対応SIM」や「通話SIM」といった名称のものが通話ができるプランで、データ通信と音声通話の両方がセットになっています。

一つ契約しておけば両方の機能を使えるので、スマホから完全に乗り換えたい方や電話を多くかける方におすすめのプランです。

音声通話付きプランを選んでおくと、mnp(携帯電話番号ポータビリティ)によって、今お使いの電話番号をそのまま使い続けることもできます。

通常のmnp手続と同様に予約番号を発行し、それを記入した上で格安SIMの音声通話プランに申し込むことで、同じ電話番号のSIMカードが届けられます。

なお音声通話付きプランを契約する際には、通話料は別に加算されるという点には注意してください。


◆格安スマホのSMS機能◆


スマホを使う上であると便利なのが、SMS(テキストメッセージ)機能です。

SMSは色々なウェブサービスで認証時に使われることが多いので、この機能がないと不便に感じるユーザーも多いかもしれません。

スマホでは標準で使えるこのSMS機能ですが、同じように格安SIMでも提供されています。

オプションとして提供されていることが多いので、利用する機会が多いなら基本プランと一緒に申し込んでおくとよいでしょう。

なお事業者によっては、SMS機能がデータ通信SIMのプランに含まれ無料で使えることもあります。

SMSを重視するなら、初めから込みのプランとオプションとして追加するプランのどちらがお得か検討しておくことをおすすめします。


◆知っているとお得!格安スマホのシェア機能◆


これらの点について比較しておくことで自分に合った格安SIMサービスが見つかるのですが、加えて事業者が独自に提供している便利なサービスについても知っておくとよりお得です。

例えばシェア機能がその一つです。

シェアとは1つの契約の中で複数のSIMカードを使っている場合、それらの間で通信容量を分け合える機能のことを言います。

スマホの他にノートパソコンやタブレット、さらには携帯型ゲーム機など、SIMカードが刺さっていると便利な端末はたくさんあります。

しかしだからといってその端末ごとに1枚ずつ契約していると、利用料金が高くなってしまいます。

そんな時でもシェア機能があれば、複数の端末ごとにわざわざ契約する必要がありません。

家族3人に携帯電話を持たせるとなると従来は3契約が必要でしたが、シェアを活用すれば1つの契約で済むので利用料金を大幅に節約できます。

余った通信容量を無駄にすることもなくなるなどとてもお得なサービスですので、複数の端末で使う予定があるならこのシェアサービスが使えるかどうかも確認しておきましょう。




③格安simのオプションを比較


オプションサービスの魅力も、格安SIMを選ぶ際の重要なポイントとなります。

というのも格安SIMでは、余分なサービスを削ることで料金の安さを実現しています。

そのためそのまま使っていると、人によっては不便に感じるケースもあります。

それらを補ってくれるのが、各社が独自に提供しているオプションサービスです。


■端末の補償サービス■


色々な種類のオプションがありますが、申し込んでおくと便利なものに端末の補償サービスがあります。

これは毎月いくらかの料金を支払っておくことで、使っている端末に何らかのトラブルが発生した時に同等品と交換してくれるサービスです。

SIMカードを入れて使う端末は、どれも精密な部品から構成されています。

何らかの原因で部品が壊れてしまったり、機能が使えなくなることもよくあります。

そうした壊れやすい端末を補償してくれるオプションは、もしもの時のために加入しておくと便利です。


■容量追加オプション■


うっかり通信容量をオーバーしてしまった時に頼りになるのが、容量追加オプションです。

格安SIMでは通信容量を超えてしまうと速度が遅くなるのですが、そこで容量追加オプションを申し込むと、速度制限を解除することができます。

追加した時点でその容量だけ高速なLTE通信がまた使えるので、急ぎで大きなデータをやり取りしたい時に便利なサービスです。

普段はメールチェックにしか使わないが通信量が多くなる時もたまにあるという方も、最安プランにこの追加オプションを組み合わせる運用方法がおすすめです。

容量追加オプションで事業者を選ぶなら、料金と追加できる通信容量のバランスを比べるのに加え、余った通信容量の繰り越しができるかどうかなども調べておきましょう。


■セキュリティ■


スマホには、電話番号やメールアドレスなどの重要な個人情報も多く記録されています。

これらを狙ったウイルスなども登場しているので、それを防ぐためにセキュリティ系のオプションを申し込むのも有効な方法です。

セキュリティに関する知識がないと、誤ったアプリをダウンロードして大切なデータを失うリスクもあります。

スマホを守るために、優れたセキュリティオプションが用意されている事業者を選ぶのも一つの方法です。





④格安simの申し込み


プランやオプションなど希望のサービスを決めたなら、その事業者のホームページで申込画面に必要事項を入力して申し込みます。

ここで確認が必要になるのがSIMカードのタイプです。

端末内部に差し込んで使うSIMカードにはいくつかの種類があり、それに合ったものを申し込まないと届いても使うことができません。

自分が使っている端末のSIMカードがどのタイプなのか知るには、スマホであればバッテリーのフタなどを開けてカードを取り出し、サイズを測定します。

それぞれ長辺が25mmなら標準SIM、15mmならマイクロSIM、12.3mmであればナノSIMと判別できます。

こうして調べたSIMカードのタイプを申込画面に入力してください。


◇SIMカードの種類を間違えて注文してしまったら?!◇


間違って自分が持っている端末では使えないSIMカードを注文してしまった場合、再発行手続きを行うことで交換できます。

しかし手続きには手数料がかかる上、交換してもらうまで時間もかかり端末を使えなくなってしまいます。

そのような場合には、SIMカードの変換アダプターを購入するという解決法もあります。

マイクロSIMやナノSIMをより大きなサイズのSIMスロットに差し込めるようにしてくれるもので、価格が安い上に汎用性もあるので便利です。

1つ持っておくと後々端末やSIMカードを使いまわす際に役立つので、手に入れておくと良いかもしれません。




⑤格安スマホの使い方と注意点


注文してSIMカードが届いたなら、使いたい端末にセットして高速かつ料金の安いモバイル通信が楽しめます。

このようにメリットばかりの格安SIMですが、注意しておきたい点もいくつかあります。

その一つが、最低利用期間が定められている場合があることです。

携帯電話でもおなじみの縛りが格安SIMにもあるので、最低利用期間がどれぐらいなのか、さらには解約できる日や解約した場合に発生する手数料なども契約前に調べておくことが大切です。

また、携帯電話会社とは違いサポートはどちらかと言うと簡素です。

携帯電話を契約する際には携帯ショップで店員の方から丁寧なアドバイスを受けることができましたが、格安SIMではそうしたショップもないので自分で全て判断して選ばないといけません。

料金プランや端末の動作状況など知識がないとわかりづらい点も多いので、事前に格安SIMや格安スマホに関する情報をまとめたサイトなどを活用して調べておくと最適なサービスを見つけることができます。

前の記事